脱毛する前の日焼け対策方法!

MENU

脱毛する前の日焼け対策方法!

肌が日焼けしている時には脱毛をすることができません。
日焼け直後の紫外線のダメージを受けている肌は、
脱毛マシンが照射する光によってトラブルを起こすことがあるからです。

 

最近の脱毛は肌への優しさにも配慮していますが、
それでも肌が弱っている時にダメージを与えてしまう可能性はゼロではありません。

 

脱毛マシンはメラニンの黒い色素に反応する光を使用しているので、
しっかりと日焼けした肌には過敏に対応してしまうのです。
もし、脱毛をしたいと考えているならば、数ヶ月前からしっかりとUVケアをした方が良いですよ。

 

日焼け対策!

 

一口に紫外線対策といっても、じつにさまざまな方法があります。
たとえば、日焼け止め剤を利用すれば手軽に紫外線から肌を守ることができます。

 

クリーム、乳液、ローション、スプレーなどさまざまな形態の商品がありますが、
注目したいのはSPF・PAの値です!
この値が高いほどUVカット効果も高くなります。

 

夏場に使用する場合には汗で流れ落ちてしまう点に注意してください。
こまめに汗をふいて塗り直すことで、効果を一定に保つことが期待できます。
ウオータープルーフタイプを使用しても良いでしょう。

 

ただし、SPA・PA値が高いものほど、肌への負担がかかることも忘れてはいけません。
デリケートな肌タイプの人は、SPA・PA値が低めのものや、キッズ用の商品がおすすめです。

 

また、物理的に日光を遮断することがもっともUVカット効果が期待できるという説もありますよね。
日傘や帽子などを使用するという方法ですね。

 

ストール、手袋なども併用して、顔だけ白くて首や手は黒いというようなまだら焼けを防ぎたいところです。
その際にUVカット加工された布地の商品を選択すればなお良いでしょう。

 

UVカット加工生地とは、繊維にカーボン、チタン、セラミック、紫外線吸収剤を織り込んだり、
織り上がった布地にそういった特殊素材を吹き付けて制作します。
生地に特殊素材が織り込まれている方が当然UVカット機能が長持ちします。

 

帽子ならばなるべくつばが広いオールラウンドタイプ、
日傘は穴から紫外線が入ってきてしまうレース素材ではないもの等を注意して選択するとばっちりですよ。

ミュゼの口コミ・体験談募集中
ミュゼの体験談を募集中です!こちらのフォームからお願いします。